カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

注文住宅施工例紹介

サステナブル建築への取り組み

カタログ請求

注文住宅施工例紹介

自然素材ふんだん、次世代を考えた200年住宅

PhotoS様邸 東京都練馬区 高気密・高断熱や国産材にこだわり、次世代まで住まうことを考えた200年住宅のS様邸。地球環境やエコライフに関心がある奥様にご自慢のお宅を案内していただきました。
快適な高気密・高断熱、エコライフ意識で住まう

リビング拡大して見る

一生に一度、新築の家に住みたいというのが長年の夢だったのです。その夢が、この家によってかなえられました。私は、地球温暖化に関心があり、私たちが今、エコ生活をしていかないと将来もっと地球環境がたいへんな状態になるでしょう。自分でもエコライフを心がけ、これからもエコのことを考え続けたいから、高気密・高断熱の家を建てたいと思いました。そういう視点で兼六さんの姿勢と私たちの考えとが一致しました。ちょっと暖房を入れるだけで温まりますし、冷房も最低限でいいでしょう。断熱材にガラスをリサイクルしたグラスロンウールを使用しているのも賛同できます。

光を多く取り入れて明るくしたかったので、リビングの窓は大きくとっていただきました。前の道路は車がよく通りますが、ローイーガラスは音も静かですし、外から見えづらく、プライバシー面も安心ですね。私たち一般人は建築に関してよくわかりませんので、この家が長期優良住宅先導的モデルで、国から補助金が出るというのも信頼がおけました。

自然素材たっぷりの体に優しい住空間

坪庭拡大して見る

「どっしりとした家」に住みたかったので、柱などの構造材やフロアや腰板、階段といった内装材は国産材を、室内の壁は塗り壁(珪藻土)にするなど、家のいろいろなところに自然素材を多用していただきました。リビングは一家団欒の大切なスペースなので、自然素材を多く取り入れ、健康的で体に優しい住空間にしています。とくにこだわったのは、自然木のムク。家中のドアをすべてムクで統一したのも気に入っています。お友達をお招きしたときも「どっしりした本物の家ね」とほめていただきました。

もうひとつ私の自慢は坪庭です。これは私自身が植物や石をレイアウトして作り上げ、「里山散歩」と名づけました。日本の良さといいますか、四季折々の彩を感じたくて、坪庭をしつらえたのですが、それを快く受け入れていただいたのは3社のうち兼六さんだけでした。坪庭に面した窓を開けると、自然の風が入って、気持ちいいんですよ。坪庭をはじめ、棚の設置など、本音で相談できて、いろいろ融通を利かせていただいたところに誠意を感じました。

ダイニングキッチン 和室 玄関ニッチ
photo

坪庭に面した明るく、落ち着きのある空間です。ダイニングからキッチンのシンクが見えないように工夫していただきました。

photo

やっぱり日本の文化ですから畳の部屋がほしかったんです。雪見障子も付けていただいて、ここから眺める坪庭も風情があっていいですよ。

photo

玄関は家の顔なので何か飾りたいと思い、スペースをとらないニッチをつけていただきました。曲線にすることで優雅な空間になりました。

     
1階トイレ 洗面室 階段
photo

「遊びがほしいよね」と建築デザイナーの方と相談して、壁の色を一面だけブラックにしています。洗面ボウルやタンクレストイレもおしゃれで気に入っています。

photo

おしゃれな雰囲気と収納をたっぷりとった機能性がバランスよく備わっているでしょう。奥にも棚をつけていただいて便利。

photo

階段の幅を1m以上取ってゆとりを持たせたのは主人のこだわり。採光が得られるトップライトは明るくて気持ちいいです。

     
2階洋室 2階洗面カウンター DATA
photo

自然材の腰板をつけた洋室とベッドのある洋室はどちらも子ども部屋です。大型クロゼットのトビラを自然材にして上質感を出しています。

photo

2階ホールにもうけた洗面カウンターはシンプルなデザインでコンパクト。1階まで下りなくていいから便利ね。

工法
木造軸組工法
工期
150日
敷地面積
149.84m2(45.32坪)
延床面積
114.99m2(34.78坪)

ページのトップへ