カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

工法紹介

兼六は様々な工法に対応可能。お客様ひとりひとりに最適な工法をご提案します。

快適な家。その基本的な役割は、しっかりと堅実に住む人の生活を守ること。普段の生活では見えないところだからこそ、兼六は工法にこだわります。

次世代軸組 K-NET工法

従来の軸組工法を新型ピンにより補強した、震度6強でも倒壊しない(耐震等級3)次世代軸組ピン工法です。

当社が推奨する新工法です。耐震性、耐火性、断熱性、気密性など、いずれもこれまで以上の高い性能を誇ります。意匠性も兼ね備えた長寿命住宅を実現します。

  • 従来に比べ無垢材2.5倍、集成材比3.4倍の強度を発揮
  • 火災時にも安全な高い耐火性
  • 結露の原因となる接合部のすき間をカバー

震度6強でも倒壊しない(耐震等級3)「K-NET工法」の詳細はこちら

制震システム

建物の壁に制震装置を組み込むことで、震動を軽減し、建物に伝わりにくくすると同時に、建物に強い復元力を持たせます。

地震が起こると、地震エネルギーによって建物を変形させる力が働きますが、当社では変形しても復元する力を持つ地震エネルギー吸収システム「XWALL(エックスウォール)」を採用。一般的な耐震住宅では傾いてしまうケースでも、変形を残しません。

地震による変形から復元する制震住宅の詳細はこちら

モッケン金物工法

柱と梁など建物の接合部を厚さ6ミリのモッケン金物とボルトで固定する工法です。耐力が大幅にアップします。

建物の接合部にモッケン金物を用いることで、木材の欠損が少なくなり、耐震性・耐久性に優れています。
あらかじめ工場で木材と金物を組み立てるため、品質が安定しています。また、現場での施工もしやすく、工期短縮・コストダウンが図れます。

軽量鉄骨

構造体に厚さが6ミリ未満の鋼材を使用する工法です。
強度が高く、開口部が広く取れます。

引張力、圧縮力に強く、しなるため、耐震性に優れており、いっきに壊れるようなことはありません。工業製品のため、品質が安定しており、価格も比較的抑えることができます。

2×4・2×6工法

北米で生まれた2×4・2×6工法は、強さはもちろん、気密・断熱性も抜群です。

枠組材と構造用合板で壁パネルを作り、「面」によって建物を支える「枠組壁工法」です。構造体となる壁の枠組材に、2×4は2インチ(38mm)×4インチ(89mm)、2×6は2インチ(38mm)×6インチ(140mm)を使用するほか、部位ごとに計6種類の構造材を使用します。

地震や台風など横からの力にも、壁や床などの面全体に分散・吸収されるため、耐震性、耐風性に優れています。
また、高い気密性が空気を遮断し、延焼を止める効果があるため、耐火性能が高いことも特長の1つです(ファイアーストップ構造といいます)。

2×6工法は2×4工法の1.5倍の壁厚となり、壁の曲げ応力に対する強さは約2.5倍で、耐震性や断熱性など、さらに高い性能を誇ります。

重量鉄骨

重量鉄骨工法は柱・梁などの構造体に鉄骨を使い、鉄骨の接合だけで構造強度を維持できる工法です。

「重量鉄骨造」は構造体の鋼材の厚さが6ミリ以上の鉄骨を使用します。構造の種類により工法が分かれますが、重量鉄骨の柱と梁を接合したフレームで構造をつくる「重量鉄骨ラーメン工法」が主な工法としてあります。

重量鉄骨工法は木造に比べ、柱の間隔を広くすることが可能で、大きな空間がつくれます。
また、加工しやすいという鉄の特性を生かして、ドーム型の屋根などの複雑な形状に対応しやすいのも利点です。

  • 耐震性・耐風性に優れている
  • 部材品質のばらつきが少ない
  • 間取りやデザイン等の制約が比較的少ない
  • 比較的広い開口部の設置が可能

SE構法

SE構法とは、大規模木造建築物の最先端の構造技術を住宅へ応用した住宅構造で、木造住宅では日本で初めて国土交通大臣認定の「構造計算」システムを行っています。

在来工法と比較し、大空間・大開口が実現できるという利点があり、また、耐震性・安全性の高い住空間の実現が可能です。
SE構法の住宅、詳細につきましては下記よりご覧ください。

SE構法による大空間住宅はこちら

SE構法の詳細はこちら

RC造

RC造とは鉄筋コンクリート造のことです。

柱・梁・壁・床などの構造体に、横揺れに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせているため、強度が非常に強い。
また、鉄筋はサビと火に弱いが、アルカリ性のコンクリートと一体化することにより酸化腐食を防ぐことができ、耐久性にも優れています。コンクリートで覆われているため耐火性、断熱性にも優れ、構造体として非常に優れた工法です。

  • 耐震性、耐火性に優れている
  • 外観などの形を比較的自由にできる
  • 大きな空間がつくれる
  • 3階建てなど中高層以上の建築物に適している

ページのトップへ