カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

健康住宅

兼六で考える”健康住宅”とは。それは住んでいる人に優しく、いつまでも丈夫な住宅のことです。 今、住宅業界においては健康に対する様々な有害物質が問題になっています。新築やリフォームしたての住宅で、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするといった症状が出ること。これらは“シックハウス症候群”と呼ばれています。当社では安全性・素材・環境にこだわり、本当の意味での健康を考えた家づくりをご提案いたします。

今、住宅業界においては健康に対する様々な有害物質が問題になっています。新築やリフォームしたての住宅で、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするといった症状が出ること。これらは“シックハウス症候群”と呼ばれています。当社では安全性・素材・環境にこだわり、本当の意味での健康を考えた家づくりをご提案いたします。

自然素材の詳しい説明はこちら

シックハウス症候群の原因

住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装材等の使用による室内空気汚染が原因と考えられています。

■原因となる化学物質

名称 主な用途 具体的材料名
ホルムアルデヒド
合板などの接着剤として利用されている。
発ガン性物質
合板・パーティクルボード・グラスウール(断熱材)・フローリング・ビニール壁紙

トルエン・キシレン

接着剤や塗料の溶剤(揮発性溶剤) 油性ニス・木工ボンド・ポリウレタン、エマルジョン接着剤
ベンゼン 接着剤や塗料の溶剤(揮発性溶剤)  

人に優しいこだわりの素材

健康住宅
“シックハウス症候群”を未然に防ぐために、安全性の認められた材料を使うことはもちろんのこと、使用する素材そのものにもこだわります。工場によって加工された製品には接着剤などが使われています。それらを使わない無垢材(ヒノキ、杉、ヒバなど、材木そのままの素材)でつくる家なら“シックハウス症候群”を防ぐことができるのです。

こだわりの素材を使った健康住宅施工例

栃木県:K邸  木造軸組工法  延床面積:44坪

主要構造材

木材 柱:地桧、梁:地松 製材工場直送品(天然乾燥)
外装 外壁:塗り壁りしんかき落し(通気工法) 無機質素材(天然素材の消石灰成分、ドロマイドプラスター、水練り)
断熱材:羊毛ウール材 ニュージランド産
外部建具:断熱アルミサッシ 地域対応品 
内装 床:無垢 杉板 製材工場直送品(天然乾燥)
壁:土佐しっくい塗り 産地直送品
天井:無垢 杉板 製材工場直送品(天然乾燥) 
内部建具:無垢 杉板框組み
玄関ポーチ:床 天然石張 一部洗い出し仕上
キッチン:ステンレス製 一部木製無垢框組み
浴室:天然石張 桧板張り ステンレス浴槽

担当者コメント:

住む人の健康のために、素材から徹底的にこだわった物件です。
上記の他に、産地(北海道産)にこだわった高機能調湿性珪藻土(土系)の壁材、一般的な漂白剤混入などにて作られたものではない和紙張りの和室の障子、しかも、糊は米粒をすりつぶしたのものを使用します。
また、下地・造作関連には、全て「室内環境ラボ」推奨のシックハウス対策メーカーの建材を採用しました。

もちろん、換気計画は第1種機械換気の採用。更には、防風・透湿シートを壁・天井のみならず、床下まですっぽりと囲み、気密性アップをはかりました。そして、壁体内の結露対策としては外壁に通気工法を採用しました。

建物が健康になれば、それを囲む敷地も同様です。夏の防暑対策、冬の暖房効果となる南側への落葉樹の配置、また、西側(西日対策)への常緑樹の配置などの自然を利用した温熱環境づくり、季節感が伺える外構計画(緑樹計画)はとても重要です。

自然との調和

日本には四季という季節の変化があります。わが国独特の気候の変化に順応した工夫こそ、健康的な家づくりともいえるでしょう。夏の風道、冬の風道を考慮した間取りづくり、四季にあわせた樹木を配置した外構計画を設計コンセプトとして取り入れることで、自然との調和ができるわけです。兼六ではこれが本来の意味での健康住宅であると考えます。

長い年月にわたって受け継がれていく財産である住宅。身体に優しく、長持ちしてこそ本当の価値があるはずです。

ページのトップへ