カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

制震住宅

制震住宅 地震による変形から復元する住宅

耐震、免震、制震の違い

住宅の地震対策に、より一層の関心が高まっています。主な地震対策には「耐震」「免震」「制震」という3つがあります。耐震が最も一般的ですが、東日本大震災以後は、制震装置を取り入れる住宅が増えてきました。それぞれの違いは何でしょうか。

  震動の防ぎ方 メリット デメリット
耐震 構造用合板(壁)や筋交いで建物自体を強固にし、震動に耐えられるようにする。 免震や制震に比べ、コストが安い。 大規模地震では、合板を固定する釘や、間柱などが地震エネルギーに耐えられず、一挙に壊れてしまう。
免震 地面と建物の間に設置した免震装置が震動を吸収し、建物に伝わらないようにする。 震動を大幅に軽減する。 小中規模地震では免震装置が作動しにくく、液状化する地盤には不向き。コストが高い。
制震 建物の壁に組み込んだ制震装置が震動を軽減し、建物に伝わりにくくする。 中規模から大規模地震まで効果があり、建物に復元力を持つ。コストも免震の1/10程度。 耐震に比べると、コストアップとなる。

地震が起こると、地震エネルギーによって建物を変形させる力が働きます。当社の制震住宅は、変形しても復元する力を持つ地震エネルギー吸収システム「XWALL(エックスウォール)」を採用。一般的な耐震住宅では傾いてしまうケースでも、変形を残しません。

制震システム「XWALL」

住まいを復元力住宅にできる

現代の一般住宅は、建物自体は硬いけれども実は脆いという性質を併せ持っています。その脆さを補完するために、伝統木造建築の特徴である粘りの性能を与え、建物に強い復元力を持たせます。

真の長寿命優良住宅にできる

地震エネルギーを吸収する高い性能を持ちつつ、公的試験機関による壁倍率3.4倍相当(国土交通大臣申請中)があるため、長期優良住宅や住宅性能表示基準で定める耐震等級3(※)の設計をスムーズに行えます。
(※)耐震等級3:建築基準法で定める数百年に一度発生する地震力を1とすると、その1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度。

導入しやすいコスト

施工条件により異なりますが比較的導入しやすく、コストパフォーマンスの高いシステムです。リフォームにも対応可能です。

「XWALL」のメカニズム

建物の変形を復元

XWALLは、地震発生時に起こる建物を変形させる力を、鋼製アームから間柱に伝達します。
伝達した力は、間柱上部を曲げ、水平方向に動かしますが、反発して戻ろうとする力(復元力)が働き、建物を元に戻します。

巨大地震発生時に建物の倒壊を遅らせる

建築基準法の想定を超える巨大地震が起きた場合、XWALLでは鋼製アーム先端のリストがねじ曲がることにより、地震エネルギーを吸収。
その部分が代わりの損傷部材となり、建物の倒壊を遅らせ、避難時間を確保します。

ページのトップへ