カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

「兼六の家」5つの特長

「兼六の家」ってどんな家?5つの特長

1 冬暖かく夏涼しい、一年中快適な住まい

兼六の家は高気密・高断熱住宅。断熱性能の高い住まいは熱エネルギーの損失が少ないため、エネルギー消費を抑えながら、冬暖かく夏涼しい健康的で快適な住まいを実現します。CO2削減にも貢献し、環境への負荷を減らします。

断熱性能と気密性能を高める兼六の断熱材とは?

2 震度6強でも倒壊しない強固な構造体(耐震等級3)

従来の軸組工法、金物工法、2×4工法の弱点を補い、最も耐震性能が高い耐震等級3を備える新しい工法「兼六100年住宅K-NET工法」。新型ピンにより補強した次世代軸組ピン工法です。強度はもちろん、防火性能、気密性能、施工性の良さも格段にアップ。国土交通省が採択、日本建築学会が推奨する安全・安心な新しい工法です。

  • 耐震等級とは…建築基準法では極めて稀に発生する地震力が定められています。これに耐えられる構造躯体を耐震等級1としています。等級は1から3まであり、等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍、等級3は1.5倍の力に対して倒壊や崩壊等せず、耐えることができます。
  • 耐震等級はプランにより変わる可能性があります。
  • 100年住宅とは正しくメンテナンスをする前提で長寿命の耐久性を備える住宅です。
震度6強でも倒壊しない(耐震等級3)K-NET工法とは?

3 火に強く燃えにくい木造住宅

木造住宅は実は火に強い住まいです。兼六の家は耐火性能に優れた「兼六100年住宅 K-NET工法」で、省令準耐火構造を標準仕様としており、火災から人命を守ります。また、防火地域においても耐火住宅にすることで、木造住宅を建てることができます。

耐火住宅のメリットとは?

4 光と風を取り入れたオリジナルデザイン

「人と環境が共存できる自然エネルギーを取り入れた住まい」をコンセプトに、お客さま一人一人のご要望と住環境を熟慮した、世界に一つのオリジナルデザインを提案します。

兼六の家づくりコンセプトとは?

5 100年の耐久性

環境への負荷を減らすためにも、現在は住まいをメンテナンスしながら長く住む時代です。兼六の家は100年を見越したK-NET工法や、環境への配慮、高い施工力により、正しくメンテナンスをすることで優れた耐久性を発揮します。ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できる価値の高い住まいです。

税の優遇措置もある長期優良住宅制度とは?

ページのトップへ