カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

サステナブル建築への取り組み

兼六の家 サステナブル建築への取り組み

「サステナブル建築」とは?

「自然エネルギーを活用し、地球環境や人への負荷を極力抑え、建物の長寿命化によって、環境をできるだけ維持し続けることを考えて計画された建築」をいいます。

光・風・土・水を考慮し、人と地球環境が共存するサステナブル建築

光の利用:落葉樹を南に配すれば、夏は太陽の日差しを遮り、冬は室内に取り込むことができます。夏の日射は屋根に50℃以上の熱を与え続けるため、その熱を利用した太陽光発電や太陽熱温水器により、消費エネルギーを抑えます。

風の利用:南側の池・植栽などのビオトープは、夏は涼風を建物に送り、暑さを和らげます。北側の常緑樹は冬の寒い北風を防ぎます。

雨水利用:雨水は雨樋から雨水タンクに貯留し、車の洗車、植栽の水やり、家庭菜園、夏場の打ち水などに再利用します。また、地表に落ちた雨水は地面に浸透し、ろ過され、池や川、地下に循環します。

地熱利用:地下5~8mは、一年を通じて温度が16~18℃と一定です。夏は地中の冷気を、冬は地中熱を耐圧盤下の砕石に蓄えて利用することができます。

住宅を一軒建てるには、大量の資源と多くのエネルギーを消費します。また、生活する間にも、冷暖房や給湯・照明などによって二酸化炭素(CO2)が発生し、多くのエネルギーを消費します。こういったエネルギー消費を抑え、住宅を長持ちさせることで、少しでも環境に対する負荷を減らそうという考え方が、重要視されるようになってきました。

続きを読む

建築物のほか、建築用工具や資材開発などにも応用されるようになってきました。環境を維持するためには、建築物の耐久性だけでなく、省資源・リサイクル・省エネルギーなど、多方面からのアプローチも必要になります。そして、建築物を長期間維持するためのメンテナンスについても様々な工夫が必要となってきています。

※サステナビリティ(Sustainability)とは、持続性、もしくは持続可能性という意味です。1987年、国連の環境と開発に関する世界委員会「WCED」のブルトラン委員長がまとめた報告書、我ら共有の未来(Our Common Future)において持続可能な開発(Sustainability Development)というコンセプトが提唱されました。

兼六のサステナブル住宅

  • 断熱性能が高い住宅
    熱エネルギーの消費を抑え、家計にも地球にも優しい住まい
    冬暖かく夏涼しい一年中快適な生活を約束
  • 100年持続可能な「兼六100年住宅 K-NET工法」
    住宅の耐久年数を上げることで廃材の量が減り、CO2削減に大きく貢献
  • 火災に強い耐火住宅
    火災から人命を守り、火災保険料も節約できる経済的で安全な住宅
  • 自然エネルギーを取り入れたデザイン
    お客様のご要望と住環境に配慮した世界に一つのオリジナルデザイン

CO2排出量削減のための省エネルギー対策

  • 耐震性・気密性・断熱性・遮熱性を高めた、熱効率の良い高効率住宅の標準化
  • お客様の周囲の環境保全、人の健康にも配慮した設備の導入や建築

サステナブル・ビジョン

地球温暖化防止住宅の提案

地球温暖化が予想以上のスピードで進み「京都議定書」で定めたわが国の温室効果ガスの削減目標が危ぶまれています。日本の削減目標実現の為の「チャレンジ25キャンペーン」が広がっていますが、2009年度の家庭からのCO2排出量は、1990年に比べ26.9%も増加し、家庭部門のCO2排出量の削減が、一層求められています。建物の建設から解体までのCO2排出量のうち約70%が居住時、約30%が生産・建設・廃棄時のものです。「兼六の家」では、人と環境のために快適な地球温暖化防止住宅を提案していきます。
※2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量について

住宅からのCO2排出量削減への取り組み(地球温暖化防止)

住宅のLCA(ライフサイクルにおける環境負荷分析)では、標準的な家庭では30年間のCO2の排出量は、居住時が70%を占めることがわかりました。「兼六の家」では、住宅性能を高めることで冷暖房効率を高めて、エネルギー消費の削減と快適な住環境の提案を実現し、お客様と共に省エネルギーと環境負荷の低減に取り組んでいきます。

木材資源の有効活用(国産材利用)

「環境共生」事業活動で排出するCO2の削減を推進し、お客様のライフスタイルや社会のニーズに合った環境配慮型住宅をご提供して、国産材を積極的に活用していきます。国産の杉・檜の無垢材・欧州赤松集成材(森林認証材)等を住宅部材として積極的に活用し、国産材及び森林認証材の有効活用に取り組んでいきます。主要構造材における森林認証材及び国産材の使用比率を50%以上に高めていきます。国産材を積極的に利用することにより、国内の山林に管理の手が入り、木々が活性化してCO2吸収の促進につながります。

資源の有効利用と廃棄物の削減

建設リサイクル法の基本方針により、解体工事から発生する木くずのリサイクル率を高めていきます。生ゴミ処理機デスポーザの推進を進めることにより環境汚染、地球温暖化の防止を促します。

森林資源の保全と森林認証の活用

森林認証とは、加工・流通過程における適切な管理基準に基づき、第三者機関が審査し、証明する制度です。外材・国産材の構造材においては、森林認証材を主体に活用していきます。 森林認証材を使用することにより森林の違法伐採を防ぐことになるのです。

森林再生への配慮(森林再生に必要なこと)

昭和30年以降、増大する木材需要に応えるため大規模な植林を進めた結果、人工林が全森林の約40%を占めるようになりました。しかしながら、これらの人工林が木材として利用できる樹齢になっているにもかかわらず、輸入材の安定供給力や価格競争力のために国内林業が不振に陥りました。
そのため、間伐(※)などの手入れがなされない森林が増えてきています。適切に間伐が行われないと、生い茂った木々の枝葉が光を遮り、森林の中に十分な光が入りません。こうなると、木が細くなる、病害虫に弱くなる、根が細り土や水を保持する力が小さくなるなど、山全体だけでなく、周辺環境まで悪化させます。
森林には、雨水を溜め込んだり、土壌の流出や土砂の崩壊を防いだり、多様な生物を養ったりという、「公益的機能」と呼ばれる大切な働きがあります。間伐などによって活力のある森林を造成し、伐り出した木材を住宅などに利用する、そして、また植林し育成する、といった木材利用と森林整備を繰り返し行うことで、森林の経済的価値を高め、公益的機能を持続させることに繋がります。

(※)間伐:成長の過程で、徐々に混みあった森林から、主な木の生育を助けたり、採光を良くするために、適当な間隔で木を伐採すること。造成された森林から産出される国産材を積極的に活用することにより、国内林業の経済的再生と山・森・林に関わる地域社会の活性化をもたらし、森林整備も進んでいきます。同時に、木々が活性化して地球温暖化の原因となっているCO2の吸収も促進されます。

サステナブル・プラン

  1. 次世代省エネルギー仕様標準化を推進
    高気密・高断熱・高遮熱・換気システムを推奨します。
  2. 太陽熱温水器・太陽光発電システムの推奨
    太陽熱でお湯を作る太陽熱温水器、または太陽光から電気を作る太陽光発電システムを推奨します。CO2が発生しないクリーンエネルギーを活用し、光熱費も抑制できます。
  3. 燃料電池エネファームの標準化を推奨
    ガス併用住宅では、電気とお湯をつくる「燃料電池エネファーム」を標準採用しております。エネファームの省エネ性(CO2削減効果)は従来システムに比べ、約49%の削減効果があります。このほか同じく5%の削減効果がある高効率給湯器エコジョーズの採用も推奨しております。
  4. オール電化住宅の推奨
    オール電化住宅では、外気から熱を取り入れ電気温水器の約3倍の効率を発揮する「エコキュート」を推奨します。
  5. 森林資源の有効活用
    国産の杉・檜無垢材、欧州赤松集成材(森林認証材)等を住宅部材として積極的に活用し、国産材及び森林認証材の有効活用に取り組んでいきます。
  6. 屋根・壁に遮熱材の使用を推進
    夏場に建物が得る熱量の80%は太陽熱を受けた屋根からと言われています。熱を持った屋根・壁などからの輻射熱を遮熱材で覆うことで、約70%の赤外線・輻射熱を断つことができます。
  7. 植栽計画の推奨
    建物全体のデザイン性・自然の風・遮熱性を配慮して快適な緑化プランを立案します。住宅の壁面緑化、屋上緑化、庭の緑化を推進します。
  • ①エネファーム1時間定格運転時の発電量(0.75kw)と熱量回収量(1.08kwWh/37リットル40℃水温15℃の場合)を従来システムでまかなった場合との比較。
    ②一次エネルギー換算値:電気9.76MJ/kWh(エネルギーの使用の合理化に関する法律)、ガス45MJ/m3(東京ガスデータ)、エコジョーズTES効率95%、従来給湯暖房機効率80%。
    ③CO2排出係数:電気0.69kg-CO2/kWh(「中央環境審議会地球環境部会目標達成シナリオ委員会中間まとめ」平成13年7月より)、ガス2.29kg-CO2/m3(東京ガスデータ)。

ページのトップへ