カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

住まいのお役立ち情報

サステナブル建築への取り組み

カタログ請求

自然素材とは

自然素材で健康・快適な住まい

お客さまに長く快適に住んでいただきたいから、兼六の家では自然素材をお薦めしています。自然素材は地球環境にも優しく、当社が取り組んでいるサステナブル建築を推進。人と環境に配慮した、健康で安全な住まいを作ります。

天然木乾燥材
通常、ヒノキや杉、ヒバといった天然木は乾燥による割れが発生しがちのため、初めから割れ目(背割り)を入れておくのが一般的です。それでも乾燥により、柱や土台に割れ目が開くことがあり、家の歪みや亀裂の原因となっていました。
兼六では最新技術から生まれた背割りを必要としない天然木乾燥材を使用します。天然木材の問題を解決し、精度と耐久性、耐震性がアップしました。
無垢材(欧州赤松)
欧州赤松とは一般的にパイン材と呼ばれ、無垢材の一種です。天然の木材である無垢材は、木本来の木目の美しさや質感が良く、フローリングや建具に使用すると、年月とともに天然木ならではの風合いの変化を楽しめます。フローリングは床暖房も対応可能。 また、周りの水分を吸収・放出し、室内の湿度を調整する「調湿作用」があります。
自然塗料
ドイツのリボス社が有機・無農薬栽培の亜麻から採れる植物油を原料に、30年以上も前に開発した自然塗料です。化学物質を使用していないため、シックハウス対策にも有効です。
漆喰(カルクウォール)
スイスのスイスウォール社が作る天然成分100%、明るく透明感のある漆喰です。調湿性や断熱性にも優れており、内装・外装ともに使用できます。
壁紙(オガファーザー壁紙)
再生紙とウッドチップでできている天然素材の壁紙です。通気性がよく、カビが発生しにくいです。また、不燃材料の認定を受けています。
珪藻土
珪藻土(けいそうど)とは、珪藻という植物性プランクトンが化石化して土になったものです。室内の湿度を調整する調湿機能があり、蓄熱性と断熱性も備えているため、夏涼しく、冬暖かい室内環境をもたらし、省エネ効果も期待できます。
主に壁、天井に使用し、ぬくもりとやわらかな質感が感じられます。
自然系断熱材
自然素材の断熱材の特徴は結露しづらいこと、安全性に優れていることです。いくつか種類がありますが、兼六の家ではそのうちの3つを使用しています。
炭化コルク セルロースファイバー
天然のコルクを加熱圧縮したものです。断熱性能が優れていますが、価格が高めです。 古新聞をリサイクルした紙の繊維で作られます。吸放湿性、防音効果があります。
羊毛断熱材(サーモウール)  
文字通り羊毛が原料です。断熱性はもちろん、調湿性も優れています。
  • 自然素材を使用した施工例はこちら
  • サステナブル建築への取り組み
  • 商品紹介「健康住宅」はこちら

ページのトップへ