カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

住まいのお役立ち情報

サステナブル建築への取り組み

建築現場を見る

カタログ請求

高気密・高断熱の断熱材

断熱材の種類と特長

現在の高気密・高断熱住宅や省エネルギー住宅では、断熱材は住宅の性能と快適さを決める重要なポイントの1つです。ここでは主な断熱材の種類と特長について説明します。

発泡系現場吹き付け断熱

兼六の家で標準仕様としている断熱材です。優れた断熱性能と高い機能を合わせ持っています。

高気密・高断熱 自己接着力が高いため、施工現場での直接吹き付けにより、すき間なく施工でき、高い性能を発揮します。冷暖房費を抑えられ、CO2も削減できます。
優れた吸音性能 すき間のない施工と細かな気泡構造が、音を包み込んで吸音します。
人と環境に配慮 フロンガスを使用せず、水で発泡するため、人にも環境にも安全です。

その他の断熱材

押出法ポリスチレンフォーム

独立した気泡構造による断熱性能の高い板状の断熱材です。結露を抑制し、耐水性にも優れていますが、板状のため、やや柔軟性に欠けます。ノンフロンでホルムアルデヒドも含まない、安全でコストパフォーマンスの高い断熱材です。

グラスウール

ガラスを非常に細く綿状に加工した断熱材です。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。厚さや密度が高くなるほど断熱性能にすぐれ、軽くて使いやすい断熱材です。同じ断熱性能であれば、比較的安価です。

ロックウール

耐熱性に優れた鉱物を主原料とし、高温で溶かして非常に細かい繊維状にした断熱材です。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。650℃以上の熱にも耐え、高い防火性があります。価格はグラスウールと同等です。

高機密・高断熱住宅「サン・アルス」

サステナブル建築への取り組み

ページのトップへ