カタログ請求

注文住宅はサステナブル住宅の「兼六の家」

お問い合わせ

文字サイズ

注文住宅施工例紹介

サステナブル建築への取り組み

カタログ請求

注文住宅施工例紹介

家族のこだわりがちりばめられた白亜に輝く三世帯住宅

PhotoF様邸 東京都練馬区 延床面積が約180坪という大邸宅は、F様ご一家、ご両親、お姉様ご一家の三世帯が仲良く住まう三世帯住宅です。家族のこだわりがあちらこちらにちりばめられた、「O町のホワイトハウス」と呼ばれるF様邸を訪ねました。
家族構成 三世帯(F様ご一家、ご両親、お姉様ご一家) 敷地面積 694.15m²(209.56坪)
工期 8ヶ月 延床面積 582.36m²(175.81坪)
堂々と美しいホワイトハウス

邸宅の前まで訪れると、ヨーロッパの豪邸をイメージさせる、白亜の外観の堂々とした美しさに、まず圧倒されます。レンガが敷き詰められた前庭を通って行くと、一段高いところに三世帯住宅の3つの玄関が迎えてくれます。

向かって右側にあるF様の玄関を入ると、白で統一された玄関ホールが広がります。玄関ホールの奥にあるモダンなパティオから明るい光が降り注ぎ、地中海の高級リゾートに訪れたような贅沢な雰囲気が漂います。

優雅なホワイトイメージのリビング

ご夫妻の最大のこだわりが、ホワイトで統一された26帖もあるリビングダイニング。
「全部真っ白にしたかったのです。ホワイトイメージのヨーロピアンを考えていました」
とF様が話されるように、床も天井も、壁面もすべて白が基調となっています。ライトは広い空間を最大限に生かせるスポットにし、やはり白にこだわったイタリア製家具とシャンデリア、上質のカーテンが見事に調和し、全体をより優雅な空間にしています。

家族で仲良く料理できるキッチン

Photo拡大して見る

「広々としたスペースを取ったワンルームのLDKは、開放感が気に入っています。とくにキッチンは、みんなで料理をすることもあるので、アイランド型に配したシンクカウンターとコンロカウンターのセパレート型にしました」とF様。そのこだわりどおり、リビングに続くキッチンは8.5帖ものゆったりスペース。キッチンを家具調にしたのは、リビングとの調和を考えてのことです。

休日には、ご家族みんなでワイワイとおしゃべりしながら、F様が腕をふるったり、お嬢様と奥様でケーキを焼いたり…。家族のお気に入りスペースです。


ゴージャスなカーブ階段

リビングの中央から2階に上がるカーブ階段は奥様のこだわりが詰まっています。
「普通のインテリアではなく、ちょっとゴージャスな雰囲気を出したいと思いました。そのために階段を曲線にしていただきました」と奥様は満足そうに微笑まれます。

はじめは、らせんにするという案も出たのですが、目が回りそうなこともあり、より優雅に見えるカーブを採用しました。
階段の手すりは、上質のアイアンです。白で統一されたインテリアをアイアンの素材感とダークな色彩が引き締めています。

グリーンの芝を敷き詰めた屋上ルーフバルコニー

「我が家は犬がいるので、屋上はドッグランにして、思い切り遊ばせてあげたかった」と顔がほころぶのはF様。三世帯の屋上が一続きになっている広々としたルーフバルコニーは、グリーンの芝を敷き詰め、ドッグランとして開放的にしたかったとのこと。最初は、ソーラーパネルを設置して、オール電化にするという案もあったそうですが、万が一の災害時の場合を考慮して、ガスと電気の両エネルギーを使用することにしました。

周辺は、高い建築物の制限があり、一軒の区画が広く、ゆったりとした環境で、天気の良い日は富士山も眺められるという絶景が楽しめます。
「最近、天体観測を始めたのです。この屋上から観測すると素敵だねって、妻とも話していました。先日は月食の写真も撮りました」とF様。楽しみを増やしていこうとお嬢様の星座の本を借りて、ご夫妻で読まれているそうです。
ワンちゃんと遊んだり、敷物を広げてピクニック気分を味わったり、日光浴でゴロゴロしたり…。夏の季節には、「屋上から花火大会を眺めたい」と、楽しみのアイディアは尽きません。

ご両親と近くに住むことが親孝行

住居の中央はご両親の住まい、左側がお姉様ご一家の住まいです。玄関は別々ですが、中から行き来ができるようになっています。
「今は両親が元気ですが、もう少し年を重ねてきたときに近くにいれば、何かと安心だと思い、2世帯住宅を考えました。そんな時、姉も新しい家を探していた時期で、3世帯だともっと仲良く楽しく暮らせるのではないかと思い、3世帯住宅にしました」とF様のご両親やお姉様への温かい思いが込められた3世帯住宅です。

バリアフリーの和室はご両親のこだわり

Photo拡大して見る

ご両親がお住まいのリビングも白で統一されて、シンプルなヨーロッパ調の雰囲気が漂います。みんなが集まる機会も多く、大人数が座れるように、テーブルやソファがレイアウトされています。

ご両親のこだわりは、なんといってもリビングと続きになった、バリアフリーの和室。リビングのインテリアと調和するように、畳はモダンな琉球畳。和室には「ご先祖をおまつりしたい」と、しっとりと落ち着いた雰囲気にしつらえました。

白と黒が基調。お姉様宅のモダンなリビング

Photo拡大して見る

お姉様ご一家がお住まいのリビングは、白と黒が基調となったモダンで落ち着きのあるたたずまい。
「白と黒はシンプルで、飽きがこないところが良いですね。明るさもありながら、落ち着きもあるという両面を兼ね備えたところが気に入っています」とお姉様はにっこり。
シンプルな家具の配置は、ワンちゃんの動線を考えてのことだそうです。

リビング中央にある、畳のエリアは、お昼寝などのくつろぎのスペースとして活用しています。畳の下に収納スペースがあり、ここの収納力も魅力です。

信頼の兼六で高性能省エネ住宅を実現

Photo拡大して見る

「兼六さんとはこれで3軒目のお付き合いになります。地震に強いというのはわかっていましたし、信頼がおけるということで、今回もお願いしました。いろいろな要望も気兼ねなく言えて、専門家の立場からのアドバイスをいただき、とても良い住まいができたと思っています」とF様は満足げな表情で語られます。

以前の茶系を基調とした和が漂う住まいから、今回は白を基調としたヨーロピアンの雰囲気の住まいに一新。「もちろん、以前の住まいも気に入っていたのですが、今度は白を基調として気分を変えて、ヨーロッパ調にしてみたいと思いました」とF様。

耐震性の高い「モッケン金物工法」、断熱性能の高い「発泡系現場吹き付け断熱」の採用で、耐震性、断熱性に優れた高性能省エネ住宅を実現しました。

トレーニングルーム パティオ 浴室
photo

拡大して見るトレーニングマシンをそろえたF様ご自慢のトレーニングルーム。休日にくつろぐためのホビールームとしてしつらえました。お嬢様のジャズダンスのレッスンルームとしても活用。

photo

拡大して見るお茶を飲んだり、おしゃべりをしたり、太陽の光が気持ち良い空間。休日には、ここに集まって、みんなで焼肉パーティーで盛り上がるそうです。

photo

拡大して見る清潔感あふれる明るいトーンの浴室は、長時間入ってもくつろげるテレビ付き。奥様、お嬢様には、ブルーのライトとミストで美容と癒しの時間がなによりとのこと。

 
洗面所 トイレ サウナルーム
photo

拡大して見る広々とした洗面台は奥様のこだわり。「ここでメイクをしますので、テーブル面を大きくしました」(奥様)。メイク道具が一式入るように引き出しが多いのが特徴です。

photo

拡大して見る省エネタイプを採用したトイレ。全体に白を配して、明るく清潔感あふれます。グレーの麻の床材は水回りの強さと、素材感が素敵です。

photo

拡大して見るF様のリフレッシュスペース。「仕事で夜が遅くなりがちですが、サウナでリフレッシュすると一日の疲れが抜けるようです」。広々としているので、横になったり、息子さんと一緒に男同士の会話も楽しみます。

 
子ども部屋(お嬢様) 子ども部屋(ご子息)  2階寝室
photo

拡大して見るお嬢様の好きなカラーのピンクで統一しているのがお気に入り。ヨーロッパの輸入家具で、お姫様のお部屋のようにエレガント。

photo

拡大して見るシンプルで明るい息子さんのお部屋は、広々とした窓が健康的で元気に過ごせそう。写真では見えませんが、机の前の壁面はダークカラーにして引き締まったイメージに。

photo

拡大して見る白を基調にした寝室に調和したダブルチェストがインテリアのポイントに。以前の家具も上手に生かしながら、インテリア上手な奥様のハイセンスが随所に表れています。

 
2階和室 前庭
photo

拡大して見る「やはり畳の部屋も欲しい」と和室をしつらえました。洋室とのバランスを考え、シンプルでモダンな雰囲気に。F様の寝室にも早変わりします。

photo

拡大して見る駐車場スペースとしても活躍する前庭。あえて仕切りをなくし、広々としたのは、お母様のこだわり。全体にLEDライトが数多く埋め込まれ、夜になると華やかなイメージに。

 

ページのトップへ